1919(大正8)年
   5月6日、静岡県浜松市に生まれる。
1936(昭和11)年
   浜松第一中学4年修了。慶應義塾
   大学経済学部予科入学。在学中は
   写真部で活躍。
1945(昭和20)年
   5月、柏田由紀子と結婚、二俣町
   (現・天竜市)で暮らす。
1947(昭和22)年 1980(昭和55)年
   二科展初入選。以後、連合美術展、
   グループ展等に出品し、個展を開
   催する。
   東京セントラル美術館で「清川
   泰次の世界」展開催。同時に、
   画集『清川泰次の世界』出版。
1949(昭和24)年 1983(昭和58)年
   世田谷区成城にアトリエ兼住居を
   構える。
   浜松市美術館で「清川泰次展−
   白と線の世界−」開催。東郷青
   児美術館大賞受賞。
1951(昭和26)年 1984(昭和59)年
   単身渡米。在米中、シカゴの画廊
   で個展を開催する。在米3年後に
   ヨーロッパ各国、エジプト、ギリ
   シャ、インド等に遊ぶ。
   東京セントラル美術館で「=色
   から白への48年=清川泰次自
   選展」開催。『清川泰次画集−
   わが青春−』出版。
1954(昭和29)年 1995(平成7)年
   帰国。団体に所属せず、個展で作
   品発表する一方、「今日の新人展」
   (神奈川県立近代美術館)、「抽
   象絵画の展開」(東京・国立近代
   美術館)、読売アンデパンダン展
   等に出品。
   静岡県御前崎市に「清川泰次芸
   術館」開館。
2000(平成12)年
   8月6日、逝去。享年81。
1963(昭和38)年 2003(平成15)年11月
   再渡米。3年間アメリカで生活し、
   グループ展等に出品する。
 
    世田谷区成城に「世田谷美術館分館
   清川泰次記念ギャラリー」開館。